ホームへ戻る

NTPとは

NTPとは、インターネットなどの計算機ネットワークに接続された計算機内蔵時計の時刻を合わせるための技術で、その手法は米国で開発されたものです。

基本的には、計算機ネットワークに接続された計算機を階層状に接続し、各計算機は自分が属する階層内か1つ上の階層のNTPサーバにのみアクセスし、ネットワークで接続される計算機間の時刻同期のための通信を1つのサーバに集中させない様に考えられた技術です。各計算機の時刻合わせは、双方向通信で行われ、回線による遅延時間をキャンセルして時刻同期の精度を高める様に考えられています。

本サービスではRFC1305で規定されているNTP Version3のプロトコルに準じたStratum2のNTPサーバ により、時刻情報を提供しております。

Stratumとは

NTPにおける計算機の階層を示すもので、Stratum1が最上位の階層(第一階層)に相当します。Stratum2以下の階層の計算機は、最終的にはStratum1サーバの時刻に同期することになります。